朝起きてビックリ!〜朝の肌トラブル対処法〜

【名  前】田中 知里 (たなか ちさと)

【生年月日】昭和52年5月9日

【居 住 地】北海道

【技  術】モンテセラピー・プロボディデザイン・メリディアンデザイン

オーナーエステティシャン

はじめまして。
そしていつも読んで下さっている読者様、こんにちは。
たくさんのブログの中から、こうしてここに来て下さり
ありがとうございます。 

エステサロン花 のオーナーエステティシャンの田中です。

サッカーのW杯の影響で日本中が熱気につつまれている今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。
日頃はそこまでスポーツを観ないスタッフもW杯に夢中になってしまって寝不足になっているみたいです。かくいう私も、日本の結果も気になりますし、他の国の選手もつい気になってしまって夜遅くまで起きてしまうこともしばしば。

夜更かしした日の次の日って、起きた時、自分の顔を見てびっくりしてしまうことありませんか?
今日は、そんな朝の肌トラブル対処法についてお話ししたいと思います。

まず、皆さんがお悩みの朝のトラブルTOP3
・顔のむくみ
・肌のくすみ
・目の下のクマ
どれか一つだけでも朝からテンション下がりますよね。しかも、朝はお化粧もしなきゃいけないし、髪の毛もセットしなきゃいけないし、とにかく時間がない・・・・
そんな時に短時間でこれらのトラブルを解決する方法はこちらです。

①顔のむくみには蒸しタオルを
顔がむくんでいるということは血行が悪く余分な水分が溜まってしまっている状態ということになります。時間があれば、マッサージやお風呂に入って血行を良くすればいいのですが、朝イチそんな時間はありませんよね。そんな時は、電子レンジで蒸しタオルを作り、首の後ろを温めてみてください。それだけでも血行が良くなるので、むくみの症状がかわりますよ。もしシャワーを浴びる時間があれば、首の後ろを温めてくださいね。

②肌のくすみには炭酸を
なんだか肌がくすんでいるなと思ったら、炭酸パックで応急処置をしましょう。最近の炭酸パックは泡タイプのものもあり、つけて1分程度で効果を感じることができるものもあります。また、炭酸の入った洗顔フォームでも同じような効果が得られるはずですので、もし肌がくすみやすいなと思ったら、これらを常備しておくといいでしょう。
炭酸パックがない場合は、炭酸水でも効果がありますよ。もちろん無糖のものを選んでくださいね。炭酸水は今やコンビニでも手軽に買えるようになりましたので、いざという時のために買っておいてもいいかもしれませんね。

③クマにはホットタオル、それでもダメならお化粧で
クマができたら目元を冷やしてしまう人がいますが、朝のクマは血行不良が原因の場合が多いため、洗顔後にホットタオルで目元を温めてあげる方がいいのです。5分程度温めたら目頭や目尻にあるツボを押してあげるとより効果がでるはずです。
しかし、朝の忙しい時間に5分もゆっくりしてられない!という貴女には、お化粧でなんとかするしかありませんね。そんな時に役に立つのが、コンシーラーです。肌の色と同じ色のコンシーラーをつかうと、その部分だけ黒く浮き上がって見えてしまうことがあります。それを防ぐために、クマを隠すコンシーラーはオレンジ色のものを選ぶようにしてください。一見、オレンジ色浮きしそうな気がしますが、手で叩き込んでいくとクマの部分が見えなくなってきます。クマ消しには明るい色ではなく、肌に馴染むオレンジ色のコンシーラーを使うのがポイントですよ。

朝の肌トラブル対処法いかがでしたでしょうか。
もし、朝起きてお顔が大変なことになっていたら、是非お試しくださいね。
とはいえ、夜寝る前に少しケアするだけでこれらのトラブルは回避できるんですよ。クマがなかなかとれない場合はビタミンCを摂取する、顔がむくむ場合は、寝る前に首の後ろを温めてあげる、くすみが気になる場合は週に1回贅沢マスクをしてみる、これだけでも朝起きた時のビックリ!を避けることができるので、日々の習慣に取り入れてみてくださいね。

女性は肌のお手入れは日々欠かしませんし、その中でもお顔は短時間でなんとかごまかせる部位でもあるので、自分でもなんとかできますが、身体はなかなかそうはいきませんよね。
毎日忙しくてお顔のお手入れで精一杯、そんな貴女には、日本中で当店エステしか施術できない「メリディアンデザイン」をお試しいただきたいです。日々頑張っている自分へのご褒美として、プロの手で身体も美しくなってみませんか。

・速攻くびれ
・劇的変化
・メリハリボディ
・くびれメイク

など女性本来の美しい曲線美を「一瞬で」作りだすメリディアンデザイン。
一度体験してみたい方はお気軽にお問い合わせくださいね。きっと驚きの効果が体験いただけますよ。

関連記事

  1. 肌トラブルの女性

    乾燥肌のNGケア

  2. 泡だてて身体を洗う

    正しい身体の洗い方

  3. 肌を気にする女性

    夏の間の肌疲れ解消法

  4. 梅雨の時期のスキンケア

  5. 旬の野菜や果物で体の中から美しく

    旬の野菜や果物で身体のの中から美しく〜6月〜